2017年04月 / 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.08.07 (Sun)

七英雄

sitieiyuu.png

七英雄関連のイベントについて

世界各地でそれぞれ活動している七英雄(分体)を最低1回ずつ撃破すると、氷銀河奥地の封印が解け、七英雄の本体が眠るダンジョンに進入できるようになる。ここではそれぞれとの遭遇方法について説明する。
(※基本的にどの形態を倒してもカウントされるが、オープニングイベントの第一形態クジンシーは除外される。)

なお、分体のうちノエルやダンターグは画面切り替えで復活する。




【More】





クジンシー

1.オープニングイベント(カタリナ、ハリード、ミカエル限定)
●ゴドウィン男爵を唆し反乱を裏で操っていた黒幕として登場し、ロアーヌ城に突入した主人公勢を玉座で待ち構えている。
ポドールイ組では戦うことが出来ない。

(第一形態だがゲーム開幕初戦闘がコイツという状況で、情報なしだとソウルスティール見切り継承イベントを見落としていきなりゲームオーバーになるという、初見プレイヤーに改造ロマサガの洗礼を与える存在。原作でハリードやカタリナ主人公のときやりがちの、戦闘前にミカエルの装備を剥ぐという行為も対策されていて、3人とも戦力として機能しなければ勝てないギリギリの調整がされている。)

2.クジンシー復活
発生条件
・『キャットイベント』クリア
・ビューネイ(影)撃破


●ビューネイを撃破すると、ロアーヌ城の門番が「ミカエル様がお前たちに会いたがっている」といって城に入れてくれる。玉座の間に入ると、ミカエルからビューネイ撃破の功績を称えられ、城への出入りの自由の権利を与えられる。その最中に慌しく近衛騎士が入ってきて、クジンシーからの果たし状が届いているという報告を受ける。
倒したはずのクジンシーが生きていた事に衝撃を受けるミカエルの前に、オアイーブが現れ事情を説明し始める。
このイベントより先にジェラールを連れてチカパ山に到達し、オアイーブと会ったことがあればセリフが変わる。
果たし状に書かれた地下墓地へ行くと、ゾンビ系モンスターが涌く墓石からさらに先へ進めるようになっている。道中には「タイタンスーツ」の宝箱あり。
最奥では骸骨系→ゾンビ系→亡霊系→クジンシー第二形態と連戦。倒すとロアーヌの入口に戻る。

(こちらは原作の最終皇帝イベントの再現になっている。当然第二形態が出る。誰が主人公でもプレイ可能だが、オープニングイベントからの繋がりでミカエル初期主人公でプレイしてると1番しっくり来る。)



ボクオーン(ボクオーンイベント)

発生条件
・『怪傑ロビン』クリア


●『怪傑ロビン』の最後にドフォーレ商会の用心棒として出現するヴァイカーがボクオーンについて言及していたのを受け、
ドフォーレ商会本店(ヤーマス北の道具屋)に行ってドフォーレ会長を詰問すると、ボクオーンやエデッサ要塞の情報を聞ける。
これは聞かなくてもイベントは進行するが、イベントの繋ぎとしては聞いてからのほうが自然。

『怪傑ロビン』クリア後は海賊ブッチャーがボクオーンを後ろ盾にトリオール海を荒らしまわっているようで、ルートヴィッヒがこれを討伐しようとしているらしく、ピドナ港の水夫と話すと討伐部隊へ勧誘される。断れば通常通り各地への定期船に乗れる。
「ああいう奴らには先制攻撃!」と答えると参加することになり、軍船に乗り込む。その後、船上でブッチャー一味と戦闘になる。このときホークが仲間か主人公の場合はセリフが追加される。
なお、このイベント開始前までにユリアン主人公で『プリンセスガード』を最後まで進めるか、『スービエイベント』でスービエ第二形態と戦うルートを進みブッチャーの船が沈んだと聞いているとブッチャーは来ない。
戦闘後、エデッサ要塞に乗り込む。奥の大広間で上座に座っているボクオーンと話して「許さん、戦う」を選んで戦闘。
原作どおり「それなら許す」だと奇襲され、陣形を乱されて1ターン先制攻撃を受ける。
勝つとピドナ港に帰還し、エデッサ要塞がMAPに出る。

(ボクオーンのいる大広間の上の階にある小部屋で固定敵のドビー2体・ガーゴイル2体を倒すと「キャンディリング」を入手。)
(HP256以上で第二形態と戦闘になる。200台そこそこの強さではおそらく勝てないので、序盤から出来るイベントでもあるし、手間をかけたくないならなるべく早めに第一形態を討伐した方がよい。マリオネットはフェイタルミラー系の攻撃で回避不能なので、素早さの高いキャラで固めるか、ミスに期待するしかない。)

【関連】
鋼の王は炎に消える』『聖騎士の誇りにかけて



ダンターグ

出現地
・魔王殿表層・サルーインの信者がいるフロアの左下の階
・ビューネイの巣
・火術要塞


●上記の場所を徘徊している。アビスゲートのある場所に出没しているようだが、海底宮に居ないのは行く手段もないし、スービエのテリトリーを荒らすと喧嘩になるからだろうか。

(アビスゲートを見るたびに(閉じなくても)1段階ずつ形態変化していくとのことだが、実際にプレイして確認する限り2個閉じた段階でもPTをかなり鍛えていると第四形態になっていたので、変化する条件にこちらの強さやお供レベル等が反映されているかもしれない。また、おそらく後期形態だけかもしれないが、地相回復以外の打ち消し不能なHP自動回復が付いているので中途半端な鍛え方ではHPを削りきれなくなる。初期に頑張って倒すか、むしろ鍛えまくってからゴリ押しで倒すか二択になりそう。体当たり、ふみつけの見切りを持っているとかなり楽になる。)




スービエ(スービエイベント)

1.海底宮での会戦
●『海底宮のアビスゲート』進行中などに海底宮の小部屋にいるスービエに話しかけると、「復讐の相手はお前たちではない」と言われる。これで「小さな村」にいるジェラールを仲間に出来るようになるので同伴して戻ってくると、第一形態と戦える。
フォルネウスを倒しても『マーリンの依頼』でもう1度海底宮に来れるので、そのときも対戦する機会があるが、下記の『海の主吸収ルート』を進めてしまっていてグレートアーチ地方の120オーラムの財宝の洞窟の奥に既に海の主の娘がいる状態までいくか、海風貝無しで海の主に話しかけてしまい戦闘になって殺してしまったあとでは不在で、その場合は2.で第二形態と戦うことになる。

(フォルネウスを倒すために来たようなPTであれば普通に倒せる。メイルシュトローム対策なども同じ。)


2.海の主吸収ルート
●海底宮の小部屋にいるスービエに話しかけると、「復讐の相手はお前たちではない」と言われる。
そのままスルーしてフォルネウスを倒した後、グレートアーチのジークがいる小屋の女性から「雲行きが怪しい」という台詞を聞く。
その後、宿屋にいる女性(海女のナタリー)から嵐の原因を聞く。『盗まれたニンフの像』をクリアしてマリーンから貰うか、あるいはグレートアーチ船着場近くの小屋の老人から1000オーラムで買うかして「海風貝」を入手して120オーラムの財宝の洞窟へ行き、海の主のいるフロアへ移動して対話する。
海の主は、人間と敵対する気はないこと、しかし娘を守るためにブッチャーの船を沈めてしまったことや、自分の身に何かあったら娘を守って欲しいなどと言ってくる。「約束しよう」と答えると「深海の輝石」を贈られる。一旦洞窟から出て入り直すと、海の主は娘を庇ってスービエに吸収されてしまっており、海の主の娘から沈没船の座標を教えられる。
バンガードで沈没船付近に行き、ブッチャー(亡霊)を倒す。戦闘後、ホークがいると一言追加される。
先へ進むとスービエがおり、話しかけると第二形態と戦闘。このときジェラールがいると七英雄の目的に関する台詞が追加される。
勝利するとグレートアーチへ飛ばされる。

海風貝を持たずに海の主に話しかけて倒した場合は、ナタリーから沈没船の座標を聞くことになるが、ブッチャー(亡霊)が出ない。
また、どんなルートでもスービエを倒せばナタリーが加入できるようになる。

(亡霊のブッチャーは「ガーランド」を100%ドロップ。)

(第二形態になるとさすがに強い。四魔貴族の影や周辺ボスと戦う程度のレベルだと苦戦するだろう。地相が玄武だと無慈悲な自動回復をするのでグランドクロウズ等の地相固定術が欲しくなる。また十分に火力を整えて挑んでもデットリードライブを連発してくるのでこれがまた面倒。)





ロックブーケ(ジャンヌの頼み)

発生条件
・『テレルテバ解放』クリア


●テレルテバの塔の河馬人間を倒すと、テレルテバINNにジャンヌが出現。話すと地方MAPのテレルテバの東に水晶の廃墟が出る。
(なお、エイルネップの村は名前が出てくるだけで、行くことはできない。)

1.男性主人公の場合
ノエルを倒していない状態で水晶の廃墟の蛙系シンボルに囲まれているロックブーケに話しかけ、「何ともできない」を選んだ場合は第一形態と戦える。

・既にノエルを倒していて話しかけた場合や、ノエル関係なしに話しかけずスルーして最下層で守護者を倒し、奥にある「土のトパーズ」の入った宝箱に近づいた場合には第二形態となる。

2.女性主人公の場合
・女性主人公でロックブーケと戦闘するためには、ノエルを倒すかトパーズの部屋に行くかしか選択肢が無いため、強制的に第二形態との戦闘になる。

(第二形態では無慈悲な召雷をやってくるので雷属性対策が必須。凝視見切りも欲しい。七英雄本体と戦うつもりなら原作同様にテンプテーション見切り&極意化もやる必要がある。ロアーヌ研究所が開設されていれば未極意のものを得られるので、それを付けて極意化を狙うだけで済む。なお、第二形態のみ「精霊銀のピアス」を100%ドロップする。)




ノエル(テレルテバ解放)
初期から

●ラシュクータINNにいる中東風の青年からテレルテバの話を聞くと、ラシュクータの一つ南のMAPにテレルテバが出現する。
テレルテバでは突然現れたモンスターの軍勢によって町の北に位置する聖なる塔が占領されてしまっている。
塔へ行き、最上階の獣系シンボルと話すとノエルの名を出し威圧してくるので、「それがどうした」と答えると河馬人間と戦闘になる。このときジェラールがいると原作の名場面を堪能できる。河馬人間を倒すと塔のモンスターが消え、腐海の廃墟にいるノエルと交渉可能になる。

1.交渉パターン
条件はロックブーケ撃破前
ノエルはかつて自分たちを追放した古代人に復讐するための手段として秘宝について調べているらしく、スービエ同様に現代人を復讐対象だとは考えていないようだ。テレルテバの件について問いただすと、調査にモンスターを手伝わせたせいで砂漠の住民を困らせてしまったと謝罪し、テレルテバ以外の集落からもモンスターをすべて撤退させることを約束してくる。このとき、原作と同様に「それだけではためだ」→「そのとおーり!!」と挑発すると交渉決裂し第一形態と戦闘になる。

(なお、「それならよろしい」または「それだけではためだ」→「ジョークよ、ジョーク」を選ぶと戦わず話をつけることができ、この場合は感心したテレルテバPUBの商人から「イロリナの星」を譲られる。)


2.妹ロックブーケのカタキです。
条件はロックブーケ撃破後
河馬人間を撃破した後、テレルテバINNに出現するジャンヌから『ジャンヌの依頼』を受けて水晶の廃墟へ行ってロックブーケを撃破してからノエルに会いに行くと、問答無用で第二形態と戦闘になる。
なお、まず戦闘せず交渉して「イロリナの星」を回収してからロックブーケを倒し、その後第二形態を倒しに行くのも可能。

(このとき、『秘宝伝説』を「魔力のマギ」入手まで進めた上でラシュクータの寺院で秘宝の情報を聞いていると、撃破後に毒のマギが手に入る。第一形態は持っていないので、『秘宝伝説』を進めたい場合はフラグを立てた上で第二形態を倒すしかない。)

(第一形態は体術、第二形態は剣術。しかし原作と違いソードバリアは存在しないので、第二形態を倒す場合はそれぞれ対策するしかない。各種剣技の見切りが用意できればそれに越した事はないが、強力な斬・冷属性全体攻撃である月影は対策も難しく、さらに連発されると月天相になって自動回復まで始まったりして、結構痛い。それから原作と違って第二形態でもかすみ青眼でカウンター待機を行うことがあり、物理火力メインの場合は注意が必要。)





ワグナス(ワグナスイベント)
『邪のオブシダン』をクリアしないと進行しない

まず、玄城酒場のジュウベイから父セキシュウサイが失踪した話を聞く。
その後、『邪のオブシダン』クリア後にラシュクータPUBに現れるフリーレから妹フラーマの安否について話を聞く。
その後、何でもいいのでディスティニーストーンを持って大草原に行くと兵士が現れ、怪しい仕事を斡旋してくる。「やる」と答えると「だまされた洞窟」に連行される。すぐ下の出口を塞いでいる見張りと会話すると、どちらの選択肢を選んでもキラーマシンと戦闘になる。これを撃破して洞窟内を進む。道中に「星天弓」の入った宝箱などがある。「だまされた洞窟」は再進入不可なので宝箱の回収漏れに注意。洞窟の最深部に行くとミンサガverのイフリートと戦闘。戦闘後に「赤い法衣」が手に入り、フリーレがいれば台詞が追加される。脱出すると自動的に玄城に戻る。

ロマサガ2の元ネタ通り、浮遊城への突入方法は2種類用意されている。

・イーリスルート
「だまされた洞窟」をクリアするか、ラシュクータPUBのカウンターにいる客の象から情報を得ると、大草原の1つ北の地方MAPにチカパ山が表示されるので入山し、行き止まりを調べて「この先には進めない」のメッセージを見る。
再びラシュクータPUBの象と話し、イーリス族を美しい音楽で喜ばせた詩人の話を聞く。
その後適当な街のPUBへ行って詩人に会い、ラシュクータからシノンへ抜ける森でモンスターから楽器を盗まれたという話を聞く。
酒場イベント:泥棒ゴブリンの巣』が開始可能となるのでこれをクリアして「詩人のフィドル」を取り返す。
「詩人のフィドル」を持ってチカパ山の行き止まりで演奏するとイーリスの村に入れるようになる。
フィドルは詩人に返しても、返さなくても可。ネコババした場合、リュートのコスプレ装備(ステUP効果のみ)として使えるが装備解除不可属性なので注意。

「だまされた洞窟」をクリア後にイーリスの村の「何かお手伝いを」と言っているイーリスに話しかけると、イベントクリアまでの間何度でも浮遊城へ連れて行ってもらえるようになる。



・人力風起こしルート
「だされた洞窟」クリア後に教授に会いに行って10000オーラム払う

玄城道具屋のセキシュウサイと会話

教授から"人力風起こし"を受け取る。

なお"人力風起こし"は実際のアイテムではなくフラグのみ入手となる。



浮遊城の開かない扉は空の宝箱を調べると開く。
浮遊城最上階でワグナスと戦闘。主人公HP512以上で第二形態になる。
なおディスティニーストーンを持たずに会いに行けば原作同様に「もう帰る」という選択肢が出て、玄城に帰してもらうことも可能。
ワグナスを倒すとラシュクータ教会に移動してフラーマと会話になる。フリーレがいると台詞が増える。
サルーインの復活を予見し主人公こそサルーインを倒す者だと語るフラーマに対して「それが自分の運命だったのか!」と答え、その後もう一度フラーマと話して「もちろん!」と答えると、「ルビー」を譲渡される。


(イーリスの村へ行く前に「詩人のフィドル」を持ったまま詩人に話しかけると返してしまうが村へは行ける。)

(元ネタのRS1、あるいはそれを踏襲した四天王パッチやああパッチのように、選択肢ミスでフラーマ激おこ→ルビー貰えずオワリというドライさは緩和され、選択肢をミスっても会話やり直しで承諾という流れが可能になった)

(ワグナス第一形態は「シルバーリング」を100%ドロップする。)

(イベントクリア後、イーリスの村で通せんぼしていたイーリスが退いてくれるようになる。)

(原作や過去パッチでは再加入不可だったフリーレだが、ぼくのパッチでは常時加入可能キャラになっている。フラーマ解放前と後で加入時のセリフが変わるだけ。)

(ボクオーンイベントと同様、主人公HPで形態が変わるパターン。第二形態は熱状防御を上げてマヒや精神耐性も付けて戦うなら、あとはダメージソースがちゃんと用意できればだがそこまで苦戦しない。太陽風にだけ注意。)

【関連】
秘宝伝説:マサムネ



七英雄本体

発生条件
・『氷銀河の氷の剣』クリア
・七英雄分体をすべて撃破済み
・アビスゲート全閉鎖


雪の町PUBで「何か情報は?」と聞くと、氷銀河に再びモンスターが集結していると言われる。
「氷の剣」が安置されていた場所の奥から行けるMAPの道を塞いでいた氷が消えるので、先に進み????に突入する。
最深部で「血の誓い」に従い本体を守護しているワグナス第二形態を倒すと、本体を撃破するまで引き返せなくなる。
七英雄を倒すと、自動的に雪の町まで帰還する。

(ラスボス戦の一種だが当パッチではエンディングには行かない。とりあえずテンプテーションとソウルスティール見切りをつけるのは忘れずに。見切り可能攻撃を割と多用するので、見切りで技欄を埋められる武器固有技や術主体で戦うPTであれば戦闘を有利に進められる。ダメージ自体はたいしたことはないが即死効果のあるメイルシュトロームにも注意。倒すと低確率で貴重なお宝の地図(3)が手に入る。)

【関連】
ヴィクトールの亡霊』『ドレットクィーン

18:05  |  七英雄イベントまとめ  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。