2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.12.28 (Wed)

Tips(仮)

tips_2016082719220386e.png

●改造ロマサガ『ぼくのかいぞうしたさいこうの3.12』パッチについて
パッチ製作者の方によって、精力的にパッチ更新が続けられている。
よってバグフィックスや仕様変更、イベント追加などが続くため、まとめwikiの情報が参照しにくいというジレンマがある。
基本的に、ゲーム情報が知りたければまずはパッチに付属しているtxt類を見ること。





【More】





●術仕様
jyutu.png

改造ロマサガ古参には当たり前だが新参には分かりにくい話第一位なんじゃないか、これは。ということで最初はこれ。
原作の購入制とは異なり、改造ロマサガは初期パッチから一貫して術も技と同様に閃き制である。
各地の術士キャラや術ショップでは、『術を覚える』=該当系統の基礎術が自動的に習得される。
そこから先は自力で閃いていくなり、新しく仲間にしたキャラの初期習得術の極意を習得するなり、ロアーヌ研究所に頼るなりする必要がある。

それから、1度覚え鍛えた術系統のレベルは、相反する術(例:月or太陽)を覚えるため消去したとしてもリセットされず保持されるので、再び覚えなおせば元のレベルのまま復帰する。

【バージョンProto1.0d3:2016.10.01リリース】から、ゲーム序盤に限りミュルスPUBの術屋で術習得に関する説明を受けられるように修正された。


●王冠の仕様
最速ではどちらかが0だと片方は40Pで王冠が付く。
また最終的にWP/JPともに60Pで王冠が付く。原作と違ってW王冠になる。
王冠状態になると技/術の使用コストが-1Pされる。また技/術の閃き範囲が緩和され、適正があれば閃く確率も向上。


●閃きの仕様
バージョンProto1.0d2~3あたりで大幅に修正が入ったので詳細不明。
ぼくのパッチがベースとしている四天王パッチ基準では【閃き適正を持つ場合、王冠なしで敵の閃きレベル+6、王冠付きで+9までの閃き難度の技/術を閃く】という仕様であった。

技や術の閃きを狙う場合は、閃きレベルの高い敵相手に、閃き適正があって王冠が付いているキャラで攻撃するというのが基本。
一方で閃き適性がないキャラは絶対に閃かないのではなく、超低確率に絞ってあるだけで、閃きレベルが足りていればステートセーブなどを使って粘れば閃く。


(なお、原作では1戦闘中に閃ける回数が決まっており、PT全体で8回までだった。改造ロマサガもその仕様を引きついているのかは未確認。)

参考:原作ロマサガ3の閃きの仕様解説


●ガッツシステム
改造ロマサガにはヴァルキリープロファイルのガッツのような、致死ダメージを受けてもHP1で踏みとどまる機能がある。
具体的には、(意志力-10)/128%の確率で発動する。
LP1のときには(意志力×2-10)/128と、少し根性を見せる。
ガッツ緩和パッチ等を当てた場合は該当パッチのりどめを参照。


●属性表記
過去パッチやwikiでは「突」属性表記になっているのが、ゲーム内では「貫」属性に変更されている。同様に、「射」属性は「弓」属性になっている。

旧:斬打突射
現:斬打貫弓


●属性防御について
kakunin.png

物理防御:斬打貫弓属性
魔法防御:熱冷雷状属性

原作と同様の仕様だがおさらい。
防御値128で完全耐性(無効)となる。
数値は陣形編成の画面で各キャラをクリックすると確認することが可能。
(なお、敵の攻撃には防御値を30%減少させるなどの追加効果を持つものもあるため、128以上にするのが全部無駄になるわけでもない。とくに終盤のボスに顕著。)

●複数属性攻撃と耐性
例えば熱・状属性のクリムゾンフレアを熱防御128、状防御50のキャラが受けると、低い方の属性防御値が適用され、術防御値50でダメージ判定がなされるため、単属性攻撃と比べて対策が講じにくい。この場合「アクアマリン(熱防御128)+ダイヤモンド(状防御128)」などで完全封殺するなどの対策が必要になる。


●バリアと魔法盾は両立しない
氷の剣(フリーズバリア)やヴァレリアハート(ファイアーバリア)を装備した状態でウォーターポールや幻日などを使うと、どちらかが消える。おそらく上書きなので魔法盾が有効になりバリアは無効になる。属性防御をバリア装備に依存していたせいで思わぬ苦戦を強いられる事もあり、注意が必要である。


●魔王の盾
魔王の盾を装備すると、支援術(魂の歌のリジェネ効果、幻日等の魔法盾、霧隠れなど)は無効になる。しかしステータス向上効果は有効(魂の歌の魔力up効果、ベルセルク、ヒロイズムなど)。


●お宝の地図について
ゲーム内でも説明があるが、お宝の地図の内容物が決定するのはウィルミントンの鑑定屋に話しかけたタイミングであり、話しかけるまでの乱数変化でいくらでも内容物を変化させることができる。しかし単純なセーブ&リセットでは再現効果などのせいで内容物が変わりにくいので、戦闘をはさんだり、メニュー画面を開くなどして時間を置いたりする必要がある。


●主人公変更について
ヴェスティア民家の住人を使ってあらゆるプレイアブルキャラクターを主人公に交代できるのがああβや当パッチの特徴の1つであり、イベントの中には主人公交代でしか主人公にできない追加キャラ専用の進行を見せるものなども追加されている。

しかし主人公交代にはリスクがあって、たとえばゲーム開始時の主人公キャラメイクにおいて設定した宿星・得意武器は、主人公交代時にリセットされ、再び初期主人公に戻しても自分の作った設定ではなくデフォルト設定(仲間キャラとして加入したときの設定)が適用されてしまう。技の閃き適正やステータスが変わってしまうので要注意といえる。

なによりゲーム内でも警告されるとおり十分にバグフィックスされた機能とは言えず、イベントのフラグ管理が破綻したり予期せぬバグを引き起こす可能性もある。公式に「主人公交代でのバグ報告は受け付けていない」とwikiのFAQで声明が出ているので、実行は自己責任で、心配ならバックアップデータなども用意するのが無難。


●ミスると救済の無い時限性イベント等
・『秘宝伝説』の開始フラグ「ピドナ港の男から天使の翼の話を聞く」は、『怪傑ロビン』をクリアするとピドナ港の男の会話が変化し詰むので、ゲーム最序盤にやっておいたほうが良い。

・バンガード起動前と起動後で住人のセリフが変わる。よって起動前に小さな村を地方MAPに表示させていないと、小さな村関連のイベントがすべて詰む。

・『非日常の世界へ』で救出直後のエミリアをPUBで外すと、その時点でエミリアイベントは未決終了になる。アニーやライザも消滅するので注意。

・初期主人公がカタリナ・ハリード・ミカエル限定の話だが、最速でシノンをMAPに表示させたい場合、『魔王殿にゴンを助けに行く』をこなしたら早めに『涙を拭いて』を確実に見ておくこと。そのまま『ミューズの悪夢』に取り掛かった場合、『ゼルナム族の巣を叩く』をクリアしないといけなくなる。

・ビューネイをグウェインと共闘して倒した場合や、ビューネイを倒した後にピドナなどのPUBで小さな村の壊滅情報を聞いてしまった場合、『竜の眼』イベントが途中で進行しなくなる(グウェインから情報を得られなくなる)。

・『アリイベント』は改造ロマサガ初見だと魔王殿の転送法陣を解放しようとして初めて原作と設定が違うことに気づくことになり、結果的にイベントの実態に気づかないまま時間経過によって未決終了する可能性が極めて高い。1周目からイベント取りこぼしが気になる人は注意。とくに見落としやすいのは
→魔王殿の転送法陣で生贄に捧げられた娘(ターム研究者の娘)を助けた後、旧ピドナ市街の研究者の家に報告に行く。
→HP256~512の時期に襲われているターム研究者を助け、「黒曜石の腕輪」を共同開発する。

・アセルスイベントの初期(レオニード城地下の白薔薇の部屋到達前)に炎の従騎士が倒せなかったとか、事情が飲み込めなかったとかでうっかりPTからアセルスを外すと、以後行方不明となり再加入不可、イベント未決終了となるので注意。

・『いけにえの穴』でニーナに穴から助けてもらったあと教授からねこいらずを貰うルートを選択した場合、そのままアルジャーノンを倒しに行ってもイベントは進行するのだが、キドラントでニーナをいけにえにしたことを聞いていないとニーナが消滅する。大勢に影響は無いがニーナファンや罪悪感を感じるプレイをしたくない人は注意。

・『小さな村復興』はビューネイ戦でグウェインと共闘しないと発生しない。つまり共闘しないと、ビューネイ討伐後バンガード、ヤーマス、ピドナのPUBで「何か情報は?」を選んだ時点で小さな村が壊滅し、復興もしないのでジェラール再加入不可となる。

・よほどうっかりしていない限りあり得ないが、『四天王おつかい』でナジュの太守の子孫から「水竜の指輪」を入手した後、NPCに売却すると詰む。四天王ショップが使えないだけでなく『ジュエルビースト』もできなくなる。


●モンスター侵攻度
原作では、ランスの荷物運びイベントの終了条件や、野盗の巣窟の壊滅、洞窟寺院跡の出現などに関わるマスクデータであった。
改造ロマサガにおいては基本的に『ヴァンパイア』の発生トリガーとして扱われている。
0~13までの14段階あり、4以上で街道にモンスターが蔓延りだし、8以上で街道はモンスターに制圧され野盗は出没しなくなり、13に到達すると『ヴァンパイア』が発生する。
侵攻度が上昇する原因は『野盗』でのプレイヤーの行動、それから戦闘にある。
この辺は原作と同じメカニズムだろうので検証サイトなどを参照。

またぼくのパッチでは、ツヴァイクの酒場イベント『ヴァンパイア復活!?』をやると強制的にMAXの13まで上げる事ができる。


●がめつさ
これも原作から存在するマスクデータ。最低値0、最高値は15となっている。
初期値
ユリアントーマスミカエルハリードサラエレンモニカカタリナ
774147717


上昇要素
・『教授のペット』でペットを買い取ってくれるバイヤーに対して売値を吹っかける度に+1
・『氷湖のモンスターを倒す』で狩りに誘ってきたウォードに「いくらくれる?」と聞くと+2
・『海底宮のアビスゲート』でバンガードを起動させるためキャプテンに協力する見返りを吹っかける度に+1
・『野盗』で、野盗の巣窟最奥の大野盗から金を貰って見逃したタイミングで+2(金額は関係ない)

下降要素
・『氷湖のモンスターを倒す』で狩りに誘ってきたウォードに「引き受けよう」と即答すると-1
・『小さな村復興』で高ランクアイテムを譲渡すると-1
・ピドナ旧市街の女の子に500オーラム支払うと-1(がめつさ13以上のとき限定)

がめつさの関与するイベント
●がめつさ15
・ウォードに話しかけても氷湖のイベントが始まらない。
・バンガードでは強制的に5000オーラム請求する。
・教授のペットを売るときは最安値の3000オーラムでは売るという選択肢自体が消滅。
・氷の剣の譲渡のとき「30000オーラムで頼む!!」の問いに対し自動的に氷の剣を譲る。
・神王の塔で10000オーラムの寄付ができない。
・ランス・ファルス道でバーバラに話しかけると野盗と勘違いされ戦闘になり、アメジスト入手不可。

●がめつさ13以上
・小さな村の復興のとき高ランクアイテムを渡せない。

●がめつさ3以下
・氷の剣の譲渡のとき「無念。君たちに先を・・・私に譲ってくれないか?」の問いに対し自動的に譲る。

●がめつさ0
・教授のペットを売るときに吹っかけができなくなる(3000で売る以外選択肢が出ない)


●没マスコン
『ロアーヌ研究所建設』をクリアしていると(2周目以降は最初から存在)、所長と話したときに戦略シミュレーションと称して、原作では没となったミカエル主人公時の執政イベントのマスコンバントに挑戦することが可能。
これはミカエルが主人公でなくても誰でもプレイすることができるゲーム内ミニゲームの1種だが、「東の果て」「???高原」以外は勝利した際の報酬がミカエルとその他で異なる。

執政でできるマスコンも没マスコンにも言えることだが、「疾風陣」「速攻前進」「偽りの白旗」「情報操作L3」「燻り攻め」「分断作戦」が揃うとほぼ負けなくなる。キッズだったあの頃に戻って教えてあげたいンゴねぇ・・・。

没マスコン一覧
戦場備考
スタンレーこちら4000騎 VS 下翼突撃の陣2500騎。敵指揮官戦闘不能で全軍突撃。
敵の使用する作戦は統率回復強、後列突撃。
後退系の作戦を発動すると突っ込んでくるので、強撃陣に強撃前進などで
迎撃すれば勝手に死んでいく。
開始早々全軍防御で固まってくれることもあるので、そのまま前進して押し切れることも。
主人公交代でほかの初期主人公からミカエルに交代してマスコンをやりたい場合、
まずはこのスタンレーを相手にしながら戦術をそろえると良い。
ただしバグにより、執政マスコンを1度もやらず没マスコンをやって新しい陣形を覚え、
初期陣形と入れ替えると、その初期陣形は習得陣形一覧から消滅するので注意。
報酬はミカエルは国庫20000オーラム加算、それ以外は2000オーラム獲得。
ラシュクータこちら4000騎 VS ゾウ狩り一味4000騎。敵指揮官戦闘不能で全軍突撃。
敵の使用する作戦は前列交代、開戦直後にあばれゾウ(前列突撃と同じ)。
巨象のグラフィックがバグってるのは仕様らしい。
報酬はミカエルはロイヤルミトン、それ以外は野生の香と蛇香。
バンガードこちら4000騎 VS 強撃陣4000騎。
敵指揮官戦闘不能で全軍突撃or全軍混乱or全軍退却。
敵の使用する作戦は統率回復強、強撃前進。分断作戦をやると爆裂部隊が誘発される。
強撃陣+強撃前進は火力がすごいが物凄く遅いので、投石や爆裂部隊のいい的になる。
雨乞いや前・後列突撃等で統率回復と全軍突撃を誘発させるのも手。
報酬はミカエルはエンペラーガード、ミカエル以外はヘリオトロープ、エーデルワイス。
ファルスこちら2500騎 VS 防壁の波陣4000騎。敵指揮官戦闘不能で全軍突撃。
敵の使用する作戦は前列交代。
報酬はミカエルは国庫50000オーラム加算、ミカエル以外は5000オーラム獲得。
ツヴァイクこちら4000騎 VS 三波状陣4000騎で傭兵多数。
敵指揮官戦闘不能で全軍突撃or全軍混乱or全軍退却。
敵の使用する作戦は全軍後退、偽りの白旗、後列突撃。
報酬はミカエルはシルバーリング、ミカエル以外は妖精のハーブ、森の精気。
東の果てこちら4000騎 VS 攻撃の波陣4000騎。敵指揮官戦闘不能で全軍突撃。地形は坂。
報酬は生命の素と結界石。
???高原うーん、どこやろうなぁ(すっとぼけ)
こちら4000騎 VS 防壁の波陣4000騎で騎兵+モンスターの混成軍。
敵指揮官戦闘不能で全軍突撃。地形は坂。
敵の攻撃力と不利な地形によってまともにぶつかると圧殺される。
疾風陣あたりで燻りぜめして後退を確認したら、操作L3→分断→速攻前進。
画面端まで押し込んだ辺りでL3が切れるので、操作L2→速攻前進で上手くいけば勝てる。
報酬は皇帝の志。



●増幅レベル
zoufukuLv.png

原作から存在する隠しパーラメーター。
改造ロマサガにおいては天地6術以外の特殊術を使うキャラの術レベルとしても併用されており、可視化されている。
SS赤枠が増幅レベル(エスパーガールの場合は、まほうレベルも兼ねている。)

増幅レベルは簡単に言えば『PTのリザーブ枠(6人目)のポジションに置いたときに、戦闘参加メンバーの戦闘時能力値をレベル分増幅する』という効果を持つ。
増幅レベル0のキャラを6人目に置いたり、あるいは5人PTで戦闘をするのと、増幅レベルの高いキャラを増幅要員として利用するのとでは戦闘の難易度が劇的に違うので、利用できる場面ではぜひ利用したい。
増幅レベルをPT外成長、戦闘メンバー外成長させるキャラとしてはリズやトーマス、ヤンファン、白薔薇などがいる。
(SSのリズはゲーム序盤で仲間にして以降、1度も戦闘に参加させたことがない。戦闘メンバー外成長でHPと増幅レベルだけが上がっている状態)



●能力低下技(デバフ)について
【ロマンシングサガ 新バイナリ神 54】の170-173氏の調査結果引用

171 :
名無しさん@お腹いっぱい。
2016/11/18(金) 02:01:37.22 ID:3O8obrhZ
検証ネタラスト
全身強打の追加効果発動率を調べてみた(詳しい計算式は前スレとカエルさんところを見て下さい)
計測方法は単純で、100回撃って追加効果が何回発動するか

・使用したキャラのステータス
棍棒スキル35、意志力15

・対象にした敵
ダンターグ第四形態
体力50 意志力15 状防御40→結果 31/100(再生量5810→3630)

ジュエルビースト
体力88 意志力15 状防御128→結果 0/100

デス
体力60 意志力50 状防御70→結果 6/100 (再生量5510→5154)
172 :
名無しさん@お腹いっぱい。
2016/11/18(金) 02:08:57.98 ID:3O8obrhZ
以上のことから分かったこと

体力+意志力+状防御の合計値が200を越える敵には、能力低下技は効かない
(3.12やああβと違い、ジュエルビーストに三力破やかめごうら割りは効果がない)

・150前後の敵(デス、エッグなど)であれば、粘れば入らないこともない
ヴォーテクスを持っていない敵なら狙う価値はある

・再生量の低下は思ったよりも効果が低い
1桁代まで落とさなければ効果はないと思ってよさそう


状防などが極端に高い敵(シナリオ終盤のボス大半)には無効だったり、ほとんど意味がない可能性

23:51  |  Tips  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。