2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2016.09.25 (Sun)

アリイベント

アリイベント
初期から

1.マンタームを研究する老人
ミューズの家のすぐ北の家に住む老人と話すと、行方不明になった娘を助けて欲しいと頼まれる。(この行程はスキップして直接魔法陣へ向かってもOK)
魔王殿の魔法陣の部屋で、娘を生贄に捧げようとしていたサルーインの神官4体を倒し、娘を救出する。戦闘後は原作同様に魔法陣がワープポイントとして機能するようになる。
救出後、老人に報告するとお礼を言われ、そのままマンタームの話をされる。RS2で英雄時代の七英雄が討伐していた人類の敵、マンタームはかつて増えすぎたため絶滅したと考えられていたが、老人によるとバンガード郊外の森の中で抜け殻が発見され、再び人類の脅威になる危険性があるという。

2.マンタームの出現と、老人の研究成果
発生条件
・バンガード地下のクィーン撃破
・主人公HP256~511


前提を満たしているときMAPからピドナに入ったことがあると、老人が家でアリに襲われている。室内を徘徊しているアリ(タームソルジャー)ではなく、老人の両脇のアリ(タームバトラー2体)を倒と助けることが出来る。
老人と話すとまた助けられたと礼を言われる。自分が襲われたのは自分が行っているマンターム対策の研究が原因ではないかとのこと。ただし白虎属性の力の宿る素材が手に入っておらず、研究自体は行き詰っているという。これに対し「何かの役に立つかも知れない」と答えて「タイタスグリーブ」・「大陸蛇の杖」・「白虎の鎧」のどれかを渡し、続いて「いん石のかけら」を老人に渡すと、「黒曜石の腕輪」を貰える。

(2.を見ることができなかった場合や1.をやらなかった場合、老人は危険を感じてピドナから離れてしまい、戻ってくるのは3.でリアルクィーン撃破後となる上、研究が完成していないので「黒のガラドリエル」は手に入らない。)
(タームバトラー2体を倒してから、老人に話しかけずに外に出て入り直す事で何度でも戦う事が可能。タームバトラーは閃きレベル32と相当高く、道場になる。)
(老人を助けず家を出たり、助けた後の会話の選択肢で「道楽に付き合ってるヒマはない」を選ぶと老人のマンターム対策研究は完成せず、3で殺されてしまう。白虎属性装備が複数ある場合の譲渡優先度はグリーブ>杖>鎧。)

3.ピドナ襲撃
発生条件
・主人公のHP768以上


ピドナの宿に泊まると、ピドナがアリに襲撃される。
1、2の行程を踏んでおけばアリ研究を完成させた老人は自宅に結界を張って娘と避難しており、アリの巣が老人宅の北の壁(マクシムスのアジトの脱出口の近く)にあると教えてくれる。
なお、アリが湧いている状態でピドナを出ると、ルートヴィッヒが軍事力で解決してしまい未決終了する。
巣に突入すると最奥にリアルクィーンが待ち構えており、倒すと巣やピドナからアリが消える。アリの巣は再突入不可。
リアルクィーン撃破後に老人の元を訪れると、「黒曜石の腕輪」と「いん石のかけら」を使って「黒のガラドリエル」を開発してもらえる。
(巣の最奥、リアルクィーンの背後にある宝箱から「アバロンの聖衣」が手に入る。)


【関連】
不幸を呼ぶ女』『海底宮のアビスゲート



17:17  |  RS2  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。